診療時間
10:00~13:00
15:00~19:00

お問い合わせはこちらから 044-959-3131 お問い合わせはこちらから 044-959-3131

一般皮膚科・あせも heat_rash

あせも(汗疹)とは

 

あせもは汗管(汗の通り道)がつまり、汗が皮膚の中に溜まってしまった状態です。汗をたくさんかくと皮膚表面の水分が増え、汗や細菌が混じって汗管を塞ぐ原因となります。基本的には子供に多い病気ですが、大人でも通気性の悪い服を着ていたり、高温多湿の環境にいるとあせもになることがあります。

あせもは、管の詰まっている部分の深さによって3種類に分けられます。

  1. 紅色汗疹(こうしょくかんしん):かゆみを伴う赤いぶつぶつができて、一番よくみるタイプです。
  2. 水晶様汗疹(すいしょうようかんしん):皮膚の表面に、1~3mmほどの透明あるいは白っぽい水ぶくれができるだけです。
  3. 深在性汗疹(しんざいせいかんしん):皮膚の深い部分で起こる白っぽく扁平な丘疹もありますが、亜熱帯などに多く日本ではあまり見られません。

 

原因

あせもができるのは、大量に汗をかいたときに、汗が皮膚の中に溜まってしまうことが原因です。汗は、汗管から分泌される体液です。溜まった汗は、皮膚の下にある汗管の周りの組織に漏れだし、かゆみを伴う赤いぶつぶつができたりします。また、一般的に大人よりも乳幼児にあせもができやすいには理由があります。皮膚のバリア機能も十分に発達していないことと、もう一つ、実は汗腺の数というのは大人も乳幼児もほぼ同じです。つまり乳幼児では、大人に比べて汗腺の密度が非常に高いため、あせもが発症しやすいのです。

 

治療

水晶様汗疹(白いあせも)はかゆみや痛みもなく正しいスキンケアと皮膚のバランスを整える保湿が大切です。紅色汗疹(赤いあせも)はぶつぶつやかゆみを伴い、皮膚炎を伴っていることが多いので、スキンケアだけでなく、ステロイドの塗り薬を数日間使用することが重要です。

 

注意点

  • 皮膚を清潔に保つ:汗をかいたらこまめにシャワーで流したり、濡れタオルで拭いたりします。入浴後に汗をかき過ぎないよう、ぬるめのお湯にしましょう。
  • 温度・湿度を最適に:暑い時はエアコンや扇風機、除湿機を使って温度・湿度の調節をしましょう。
  • 汗を吸い取る服装を:衣類は通気性の良く、汗の吸収する素材を選びます。(木綿等)

 

よくある質問

あせもは、どうすれば予防できますか?
こまめに汗をかいていないかチェックし、汗をかいていたら、すみやかに汗を拭くなどしましょう。肌を清潔にすることが、一番の予防になります。拭くだけでなく、シャワーで洗い流すのも効果的です。また、体の汗をしっかり吸収する衣類を選ぶことも大切です。なお、汗をかかせすぎない配慮も大事です。夏場はエアコンを上手に利用して、赤ちゃんが快適に過ごせるように工夫しましょう。

TOPへ