診療時間
10:00~13:00
15:00~19:00

お問い合わせはこちらから 044-959-3131 お問い合わせはこちらから 044-959-3131

一般皮膚科・にきび pimple

にきびとは

にきびとは主に思春期以降に見られ、誰にでもできるありふれた症状であるため、あまり気にされない方や市販の化粧品等で対処している方も多いです。しかし、にきびの数が多かったり、つぶしたりして悪化させてしまうと跡になってしまい人前にでることをためらうような深刻な悩みを持つ方もいます。にきびが気になる方は、自分でつぶしたり、放置しないで一度皮膚科を受診することをお勧めします。

原因

皮脂や不要な角質、肌についたホコリやメイクの汚れなどで毛穴が詰まり、そこに、増殖した「アクネ菌」が作用して炎症を起こした状態がにきびです。にきびは、その原因や炎症の状態によって、いくつかの種類に分けられます。

  • 白にきび:毛穴が詰まり、出口をなくした皮脂が表皮の下にたまり盛り上がって白くポツンと見える。
  • 黒にきび:たまった皮脂が毛穴を押し広げ、空気に触れた部分の皮脂が酸化して黒く見える。
  • 赤にきび:毛穴にもともといる「アクネ菌」がたまった皮脂によって増殖し、炎症が起きて赤く腫れあがる。
  • 黄にきび:炎症が進行して毛穴の中に膿がたまる。そのままにしておくと、にきびが治った後も、肌に凹凸のにきび痕が残ることも。

治療

  • 抗菌剤外用:(ダラシンTゲル、アクアチムクリーム、ゼビアックスローション、デュアックゲル)抗生物質を使用することでアクネ菌を抑え、炎症を抑えます。
  • アダパレン外用:にきびの初期症状に有効な薬で、レチノイド(アダパレン)が毛穴の詰まりを取り除くことで、にきびの進行を抑えます。
  • 過酸化ベンゾイル外用:強力な殺菌作用とピーリング効果により炎症性にきびから面皰まで治療できます。ベピオゲルと合剤のエピデュオゲルがあります。
  • 抗菌剤内服:(ミノマイシン、ルリッド、ファロムなど)にきびの原因となるアクネ菌を殺菌する作用と、アクネ菌のリパーゼ(皮脂を分解し、赤く炎症を起こす脂肪酸を作る作用を持つ)の働きを抑えるテトラサイクリン系という抗生物質を使用します。
    またマクロライド系もアクネ菌を殺菌し、炎症を抑える効果があります。

     

にきび・にきび痕治療は保険診療診療だけでは治りずらいこと多いので、当院では以下の保険外診療も行っています。
  • ケミカルピーリング
  • イオン導入
  • エレクトロポレーション(メソアクティス)
  • スペクロラピール
  • ホームケア商品

注意点

  • 睡眠不足やストレスもにきびの原因になるため、十分な睡眠を取り疲労をためないようにしましょう。
  • バランスの良い食事をとるようにしましょう。脂っこい食事はにきびに悪影響を与えますので、取り過ぎないように心掛けましょう。
  • 洗顔は朝晩2回、やさしく擦り過ぎないようにしましょう。

よくある質問

にきびを治すには、どれくらいの期間が必要?
治るまでの期間は、にきびの状態や治療への取り組みによって人それぞれです。必ずこのくらいで治ると断定できるものではありません。ただし、治療を始めて2~3か月経過した頃から、治療効果があらわれる場合もありますので、あせらず、根気よく治療することが大切です。また、にきびが繰り返しできる場合もあり、中にはにきびができなくなるまでに数年かかる方もいます。当院では治療期間を早めたり、予防のために、保険外診療も行っています。

TOPへ