診療時間
10:00~13:00
15:00~19:00

お問い合わせはこちらから 044-959-3131 お問い合わせはこちらから 044-959-3131

一般皮膚科・かぶれ rash

かぶれとは

かぶれは日常生活の中でもよくある症状ですが、放置すると治りにくく慢性化することや、ときには別の病気が見つかることもありますので、早めに皮膚科を受診してください。一般に「かぶれ」と呼ばれている接触皮膚炎は身の回りにある様々な物質が皮膚に触れることで生じる皮膚炎です。その原因が、刺激作用によるものか、アレルギー反応によるものかで、一次刺激性皮膚炎とアレルギー性皮膚炎に分かれます。私たちの周囲に存在するほぼ全ての物質が、接触皮膚炎の原因になる可能性を持っていますが、アレルゲンとなる代表的なものは、化粧品、衣料品、金属、ゴム、染料、樹脂そして医薬品(外用薬)や植物などです。一次刺激性皮膚炎は、肌に触れた物質の刺激が、皮膚の抵抗いき値を超えると起こります。ガソリン、消毒剤そして強い酸、アルカリなどが代表的なものです。

 

原因

  • 一次刺激性皮膚炎
    原因物質に触れると、皮膚の炎症を誘発されます。原因物質の毒性の強さ、皮膚の状態により、症状の強さが左右されます。洋服との摩擦、洗剤、石鹸、リンスなど弱い刺激の繰り返しで起こります。アレルギーとは無関係なため、誰にでも起こる可能性があります。
  • アレルギー性皮膚炎
    原因物質に触れると、皮膚の炎症細胞が反応します。
    アレルギー性のかぶれは同じ原因物質との再度の接触で、皮膚の炎症細胞が活発に働き、湿疹ができます。化粧品、毛染め料、香水、アクセサリーなどの金属、植物、外用薬、消毒薬、点眼薬などで起こります。原因物質の毒性の強さと症状の強さは関係がなく、皮膚の状態により症状の強さが左右されます。原因物質が少量でも反応があり、アレルギーのある人のみ生じるのも特徴です。

 

治療

かぶれの治療で最も大切なことは原因となるアレルゲン、刺激因子を見つけ出し除去することです。当院では診察をした上でパッチテストを行い、原因を特定していきます。皮膚の炎症や痒みを抑えるために、ステロイド外用薬や抗アレルギー薬の内服を使用します。症状が激しく、範囲が広い場合には短期間ステロイド薬を内服することもあります。

 

注意点

かぶれの原因物質の使用を中止して、接触を避けます。職業上、原因物質を避けることができない場合は、手袋をするなどして、できる限り触れない様にします。最初は原因物質が触れたところだけに症状が見られますが、接触を続けていると範囲が広がって全身に及ぶことがあります。

 

よくある質問

パッチテストとはどんな検査ですか?
かぶれの原因を調べる検査で、当院ではパッチテストパネルを行っています。毛染め、金属のアクセサリー、化粧品の香料・防腐剤、ゴムなどによる「かぶれ(アレルギー性接触皮膚炎)」の原因になることの多い22種類のアレルゲンをを1度に調べることができるとても有用な検査です。

 

化粧品による接触皮膚炎とはどのようなものですか?
化粧品に含まれる、パラベン類やホルムアルデヒド等の添加物が原因となる可能性があります。また、パーマ剤やカラーリング剤が皮膚についた際に、接触皮膚炎をおこすことがあります。

TOPへ