診療時間
10:00~13:00
15:00~19:00

お問い合わせはこちらから 044-959-3131 お問い合わせはこちらから 044-959-3131

一般皮膚科・脂漏性皮膚炎 seborrheic_dermatitis

脂漏性皮膚炎とは

脂漏性皮膚炎とは、皮脂の分泌量が増える思春期や30代以降に大きめのフケや、多くのフケが見られる症状です。
好発部位としては、眉毛や、鼻などのTゾーンの他、こめかみや耳の裏側などです。
医療機関を受診されない方も多いですが、放置していると、フケが溜まってしまい頭皮が厚い皮のようになってしますこともあります。
脂漏性皮膚炎は、フケが出るだけではなく、首、前胸部、わきの下、足の付け根などにも周囲に油っぽい皮膚のはがれたものがこびりついた赤い円形の湿疹が出てくることもあります。
一度症状が出てくると慢性的になることが多く、なかなか自然治癒しませんので、一度医師の診察を受けることをオススメしています。

原因

脂漏性皮膚炎の原因ははっきりとは判明していませんが、遺伝や、環境的な要因、ストレスなども原因になると考えられています。

近年では、皮脂を好むマラセチアというカビの一種が発症の原因となる場合があることがわかっています。
マセラチア自体の刺激や、マセラチアが皮脂の成分の1つであるトリグリセリドを遊離脂肪酸に分解する際に皮膚に刺激を与えることで炎症が起こると考えられています。

治療方法

治療方法としては、ステロイドの外用剤が用いられます。

治療の注意点は、症状の出やすい顔面や首は皮膚が薄く、ステロイドを長期使用した場合の副作用は起こりやすいので、弱めのステロイドを使用します。
ステロイドは漫然と使用していると副作用を起こすことがあるため、症状が治まり次第使用を中止しますが、中止してしばらくして症状が再発してくることがあります。

その場合、マセラチアが原因であることを考えてカビに効果のある薬剤を使用する場合があります。副作用が比較的少ない薬のため、軽症例再発予防に使用されます。
また、マセラチアが増殖する原因となる皮脂を減少させるために、ビタミンB2やB6を内服する場合もあります。

注意点

  • 皮膚を清潔に保つ。
    できれば毎日入浴し、刺激の少ない石鹸やシャンプーで丁寧に優しく洗ってください。洗った後は保湿を心がけて下さい。
  • ストレスや過労、睡眠不足も症状を悪化させる要因となります。
    規則正しい生活を心がけ、ストレス対策も万全にしましょう。
  • 食事は、ビタミンB群を多く含む食品(レバー、ほうれん草、しじみ、牛乳など)を積極的に摂りましょう。油っこいものや甘いものは控えてください。

よくある質問

脂漏性皮膚炎は完治しますか?
完治する疾患です。炎症を抑える薬とマラセチア菌に効く抗真菌剤を投与します。
しかし、頭皮を洗いすぎたり、脂っこい食事やストレスなどの慢性的な原因がある場合、再発することがあります。

TOPへ