診療時間
10:00~13:00
15:00~19:00

お問い合わせはこちらから 044-959-3131 お問い合わせはこちらから 044-959-3131

一般皮膚科・やけど burn

やけどとは

やけどは別名熱傷と呼ばれ、熱による皮膚や粘膜の外傷を言います。
軽いやけどであれば冷やすだけでも自然に治りますが、重いやけどでは瘢痕(傷あと)が残ってしまう場合もあります。自己判断で行った治療でかえって悪化させてしまうケースも多く見られます。早期に皮膚科専門医を受診し、適切な処置をすることをお勧めします。やけどの重症度は、作用した熱の温度と皮膚に作用する時間によって決まり、傷害された深さによって1度~3度までに分けられます。

1度熱傷
皮膚表面のだけのやけどです。やけどをした部位に赤みが起こります。適切な処置をすれば、通常あとは残りません。
2度熱傷
水ぶくれができるやけどです。浅いものは治療によって1~2週間で治り傷あとを残さないこともありますが、深いものとなると治るまでに1か月以上かかり、傷あとや色素沈着を残すことがあります。
3度熱傷
熱による傷害が皮膚の厚さすべてに及んだやけどです。基本的には入院し、植皮術などの外科的治療が行われています。

原因

やけどの原因として熱湯が最も多く、ストーブ、湯たんぽ、アイロン、化学薬品、紫外線などがあります。やけどをしたら、すぐに冷やすなどの応急処置をして受診してください。

治療

やけどは受傷直後の処置が最も重要です。15℃前後の水道水で約30分冷却して下さい。冷却によって、やけどをした部位の炎症、腫れを抑え、痛みを和らげることができます。顔面は、タオルの上から氷嚢を当てるとよいです。
あとが残るかはやけどの深さと、受傷後からの処置方法が重要になります。
1度熱傷または浅い2度熱傷の場合は、炎症を抑えるためにステロイドの塗り薬や細菌の感染を防ぐため抗生物質の飲み薬や塗り薬を使用します。

注意点

カイロや湯たんぽ、電気毛布などの低温やけどは、見た目以上にやけどの受傷が深いことが多いです。治療期間が長くかかり、色素沈着などの跡も残ることがあります。

よくある質問

やけどの応急手当はどうしたらよいですか?
やけどの応急手当としてはすぐに冷やす(やけどした部位を冷却する)ことが最も大切です。冷やすことでやけどの進行を止め、痛みも押さえることができます。自分の判断で水ぶくれをつぶしたり、薬を塗ったりせず早めに皮膚科を受診してください。

TOPへ